<< 大村城下町夕暮れさるく イギリス紀行① >>

イギリス紀行②アジサイ~

犯罪のにおいがしない私たち一行は税関もすいすいと通っていきました。
しか~し、行きがけのアムステルダムの空港で私のバッグに警告音が
鳴り、差し止められました~。いくら覗いても不審な物は見当たりません。
係員のおじさんの頭の周りには?マークが飛んでました。しげしげ、中を
覗いてハッと気付きました。バッグの内ポケットに5~6cmのS字フックを
入れていたんです。「Wtat is this?」と聞かれたので、S字フックにバッ
グをぶら下げて見せたところ、10人ばかりの係員の方々から拍手が沸き
起こりました~。「Verry good」とか何とか言ってたようです。このS字フ
ック、こないだ福岡行きのバスに乗った時、姉が前の座席にぶら下げて
使ってたのを欲しそうに見ていたら、姉がくれたものなんです。あちゃ~。

エディンバラの気温は15度ぐらいで、朝は、もっと低かったです。コートかジャケット
が必要でした。向こうの人はキャミソールで平気で外に出ていました。手にはコートを
持ってたりするんですけどね。アジサイが咲きっぱなしの状態になってましたよ。
e0101769_22375890.jpg





この塔は、泊まったホテルの前に建っていました。どこからも見えるのでいい目印になりました。
ウォルター・スコットを記念して建てられた塔だそうです。彼は、詩人で説家。『アイヴァンホー』
を書いた人だそうです。名前と題名は聞いたことがあるような・・・・・。でも・・知らないなぁ~。
e0101769_22382697.jpg
これは、まだきれいなアジサイでしたよ。
e0101769_22384379.jpg
寒いので、長く楽しめるのかなぁ~。
e0101769_22385576.jpg
何処にピントがあってるのやら~。
e0101769_2239743.jpg
この建物、始めは不気味でした~。階段が300段ぐらいあって、上れるようになってるようです。
展望はいいそうですが、決して上りたいと思いませんでした。何だか、滑りそうじゃないですか・・・
e0101769_22391733.jpg
ここからは、エディンバラ城の中に咲いていた花です。
見たことあるような・・・でも、名前が解りません~。
e0101769_22413525.jpg
バックはお城の塔です。
e0101769_22414672.jpg
e0101769_22415537.jpg
バラ科のようです。
e0101769_22421178.jpg
e0101769_22422664.jpg

[PR]
by guu_osanpo | 2009-10-08 22:22 |
<< 大村城下町夕暮れさるく イギリス紀行① >>