<< 春の花 除幕式 >>

閉校記念式典、そして地震。

日本は、凄い事になっています。皆様の所は、如何でしょうか。
九州は大きな被害は出ていませんが、被災地の方を思うとたまりません。
連日のテレビに写っている様子、正視出来ません。こんな映像を見ていていいのでしょうか・・
そんな思いながらも、目が離せない状態です。そして、必ず涙が出ています。

一体全体、復興できるのでしょうか・・・
私にできることと言えば、義援金を送るだけです。
家族をもぎ取られた方、避難所で寒さに凍えている方に、1日も早く援助が届きますように。

日曜日に行われた閉校記念式典、開式が危ぶまれましたが祝賀ではないということと、各界の方の
参加があるので挙行されました。もちろん、被災地へのDMAT(ディーマット)=災害派遣医療
チームの第一陣は、病院から手配されました。

式典に合わせて、前日の土曜日にクラス会を設定していたので、その前日の金曜日に我が家に泊まる
予定の友人二人は、羽田空港と太田区の避難所で夜を過ごしたようです。そして、土曜日にすっぴん
でやって来ました。憔悴しきった二人を見て、涙が出てきました~。
土曜日に来る予定だった友人は、交通がストップして羽田に行くことが出来ず、不参加となりました。
e0101769_20442759.jpg





後のメンバーは、九州内だったので無事に来ることができましたが、新幹線やJRで来た人は、
津波警報のために大村線は運休。早岐駅からタクシーだったようです。
それでも、土曜日の夜はた~くさんおしゃべりしました。?十年ぶりの顔はそれなりの顔になっていました。
これは、泊まったホテルからの朝の風景です
e0101769_2044759.jpg
日曜日当日は、時間に押しまくられていました。
まず、10時から同窓会の総会です。質疑応答は、割愛してもらってさっさと進めさせてもらいました。
これは、その会場の廊下から見た風景。むこうは、ホテルヨーロッパです。
e0101769_20445867.jpg
11時からは、ホテルヨーロッパのレンブラントホールで記念式典・特別公演です。
急ぎ足で、場所移動。
e0101769_20464798.jpg
ロビーには、きれいなお花が飾られていました。
e0101769_20465880.jpg
13:30分から会食です。テーブルのお花です。
500名余りの方の参加で来賓の方もいますが、懐かしい恩師、先輩やお世話になった方も~
そして、お世話した(笑)後輩の顔もありました。
母校の閉校は淋しいことですが、これからの看護教育は大学としての側面も必要となっています。
これからの、若い人の活躍を期待したいと思います。
e0101769_20471945.jpg
すべてが終わったのは、16時頃でした。
それぞれが、それぞれの家路へと帰って行きました。
e0101769_20473045.jpg
この日は暖かくて、コートは不要でしたが、式が終わって帰る頃は風が冷たくなっていました。
同級生も、クラス会から記念式典、会食と同じ時間をすごして、来てよかったと言ってくれました。
みんなが満足してくれて、私もホッとしました。
そして、関東方面から来た二人も帰る先が心配だけど来て良かったと言ってくれました。
e0101769_20473926.jpg
東北の被災地、計画停電などで二次的被害がひろがる関東地方、そして何より福島原発の行く末。
まだまだ、予断は許されませんね~。
[PR]
by guu_osanpo | 2011-03-16 22:31 |
<< 春の花 除幕式 >>