<< ドライイチゴはどうなったか。 花、いろいろ。 >>

オレンジ色の花は暖色系

昨夜、さあ寝ましょうと布団に休んで、何とはなしに首筋触ったら、、、、ぎょっ、右耳の下が腫れている。ごりごりしている。はぁー???
慌てて鏡を見ると、耳の付け根から顎まで真っ直ぐになってるぅ(;_;)。私の細いうなじはどこ?熱を測ってみると36度1分。
どうもないけど、触れば痛いなぁ。実は、私おたふく風邪を2回してるんです。20代の頃(おとといですね)、今度のように腫れたんです。
その1週間前に友達の子供と遊んでいてうつったらしく、その子は髄膜炎まで起こして入院しました。
でも、親に聞くと子どもの頃かかってるんです。かなり強力な感染力だったんですね。
私といえば、宮崎の友達の結婚式に行かねばならかったのです。片方ですが、顎を腫らしたまま出席しました。
「風と共に去りぬ」のビビアン・リー演じるスカーレット・オハラのような髪型にしたかったのに・・・泣く泣く、片方の髪は隠すように降ろしました。
でも、3回罹るなんて聞いた事ない!!!しかし、仕事に出ているのでこの1週間ばかりの人たちにうつしているかもしれません。
ここは、行きたくないけど病院に行かねば。そこで、子供の頃行った事がある耳鼻科に行きました。
行った途端に後悔しました。ソファーはガムテープが貼ってある。古い型のテレビの線は剥き出し。
そしたら、こぶとり爺さんのような先生が何しに来た?という顔で出てきました。
腫れたところをごりごり触って、「耳じゃなか、内科ばい」そして診察料は無しでした。なじみの人しか治療してくれないのでしょうね。
その後内科に行って、おたふく風邪ではないと診断を受けて、消炎剤を貰って帰りました。
でも、こぶとり爺さんがゴリゴリした後から心なしか腫れが引いたような気がします。
それ以来、しょっちゅう触ってモミモミしています。何故か、だいぶ腫れが引いてきました。何だったの。???    
長いお話を読んでくださってありがとうござます。m(__)m

このヤマブキは1ヶ月ぐらい前に写したものです。アップする機会を逃して今日のご紹介です。
e0101769_2311448.jpg





八重もきれいなんですが、これはびっしりですね。
e0101769_23113198.jpg

ポピーというより「ひなげし」と言った方が似合うと思いませんか。
素朴な風情です。種類が微妙に違うようです。
odamakiさんから教えていただきました。
ナガミノヒナゲシ(長実雛芥子)(ケシ科)花期:春
ヒナゲシ(雛芥子)などに似ていますが,花の色が肉色なのと,花弁にしわが多いのが特徴。
地中海沿岸から中欧原産の帰化植物。
e0101769_215376.jpg

2回目の災難今日は、外勤でバスに乗って出かけました。
はじめ、バス停に歩いて行くと後ろから通り過ぎて行ったので、がっかりしましたが、
すぐ次のバスが来たので慌てて乗りました。そしたら、少し行った所から、景色が違うんです。
えー、昔はこの線は田上行きしか無かったのに違う路線バスも走るようになっていたのぉー。
降りたものの、反対のバス停から乗っても、始めの所に戻るだけです。
しょうがないのでタクシーに乗りました。800円でした(;_;)
e0101769_21553618.jpg

アラマンダ(ありあけかずら)蔓性の木(きょうちくとう科アラマンダ属)分布:南米。
花径6cm程度。鮮明な黄色の花。名前はオランダの植物学者の名前から。
最初見たとき、ヤマブキがまだ咲いている。やけにおおぶりだなぁと近づいてみたら、全く違う花でした。 
e0101769_1191380.jpg
e0101769_119378.jpg

とどめの災難
通勤JRで帰ってきて、月極め駐車場から帰ろうとしました。
ここは地面がそのまままで整備されておらず、でこぼこです。
車を出しながら、雨が降ると大きな水溜りになる穴ぼこを避けたつもりだったのですが、
ぼっこんとなりました。「あいやー、へたくそー」
でも、一般道路に出ても、なんだかガタゴトしています。
車を停めて、覗き込もうとしたら左の前輪がペッチャンコでした。
「はぁー・・・」JAFのお世話になりました。
作業している間、パトカーは通るし、他の車も徐行していくし・・・でした。
パンクは修理できるのですが、暗いし、交通量が多くて恐かったので、時間がかかりましたがJAFにお願いしました。
黄色のつなぎのおにいちゃんが頼もしかったです。
e0101769_23424351.jpg

[PR]
by guu_osanpo | 2007-05-11 23:51 |
<< ドライイチゴはどうなったか。 花、いろいろ。 >>