<< 農村地帯のイルミネーション 野母崎から権現山(遠見番所)まで >>

野母崎続き 脇岬から樺島まで

前回のスイセンの丘は、ルート499の左側の道が折れ曲がった当たりです。
その左側の岬が権現山、長崎の一番端っこです。
ここで、江戸時代に役人が海を見張っていたんですね。

本日は、赤文字の脇岬の海と樺島(かばしま)で~す。
地図を広域にして、軍艦島:本名 端島(はしま)を確認してくださいね。
もっと広域にして、長崎市街との位置関係、そして大村市も確認してくださると嬉しい~。

脇岬の陽射しは暑かったですよ。(今日は冷たい雨が降って、寒い~)
e0101769_21395039.jpg






逆光で撮ってしまって、色が少し変です・・・



満ち潮だったのか、足元まで波が押し寄せてきました~。
波の音も聞いてくださいね。



そして樺島には大うなぎが住んでる井戸があるんですよ。
名前は「鰻太郎」 毎年10月15日に井戸から上げられて健康診断を受けています。
今年も、その様子がニュースで流れていました。
e0101769_221856.jpg
この井戸ですよ~。
e0101769_2213154.jpg
覗いたけど、見えませんでした。
寒くなったので、底の方でじっとしてるのでしょう。
e0101769_2224668.jpg
帰りに、ケーキでお茶しました~。(今回は、忘れずに撮りましたよ)
e0101769_22323.jpg

[PR]
by guu_osanpo | 2010-12-07 22:08 | 散歩
<< 農村地帯のイルミネーション 野母崎から権現山(遠見番所)まで >>